優雅にクルーズ、ハロン湾の旅

ベトナムの首都ハノイから車で3時間ほどの場所にあるハロン湾は、1994年に世界遺産に登録された、北部きっての観光スポットです。ハノイ発のツアーは手軽さが魅力の日帰りコースと、ハロン湾をゆっくりと満喫できるジャンク船1泊2日のコースがあります。ハロン湾は、無数の侵食された岩が浮かぶ神秘の湾で、中国の世界遺産である桂林に似ていることから、「海の桂林」とも呼ばれています。クルーズに参加すると、ハロン湾の幻想的な景色や、鍾乳洞見学、水上生活村の見学なども楽しめます。また、1泊2日のクルーズツアーでは、ハロン湾で獲れた新鮮なシーフードが味わえたり、生春巻き作りやシーカヤック体験などにも参加できます。1度は訪れてみたいベトナムのおすすめ観光スポットです。

サンゴ礁の島を望むビーチリゾート、ニャチャン

東南アジアには多くの有名ビーチリゾートがありますが、ベトナム中南部にあるビーチリゾート、ニャチャンはベトナムで有数のリゾート地です。1年中温暖な気候が続き、1月に訪れてもプールやビーチで泳ぐことができます。また、他の有名リゾートと違い日本人が少ないことも魅力の一つです。せっかく日本を離れたなら、日本人のいないところでゆっくりしたいという方におすすめです。ニャチャンにはデラックスなリゾートホテルから比較的安い宿まで多くのホテルがあり、家族連れから学生さんまで楽しめます。外国人観光客が多いためか、地元のお店でも英語が通じ、高級ホテルのフロントでは、英語の他にフランス語や日本語が話せるスタッフもいます。ニャチャンでは、マリンスポーツや島巡りが人気で、ビーチは早朝からにぎわっています。